冷やして美味しい赤ワイン

ヨーロッパではワインが古くから生活に根差しており、気候が冷涼であることから、赤ワインの適温は「常温」と言われます。しかし、湿度が高く暑さの厳しい日本の夏の気候では、赤ワインの味わいは重く感じられ、敬遠される原因になってしまいます。

暑い夏に赤ワインを楽しむなら、冷やして飲むのがおすすめです。冷蔵庫やワインクーラーで冷やしたり、グラスに直接氷を入れてみても。冷やすことで、ワインの持つ果実味、酸味、フレッシュな味わいが楽しめます。ただし、重厚なタイプのワインは、冷やすことで苦味やえぐ味が目立ってしまいます。

冷やして美味しい赤ワインのタイプは・・・
◆渋味(タンニン)が少ない、口当りが軽い
◆フルーティーな味わい

今年の夏も、ぜひ赤ワインを楽しんでみてください。

商品の詳細情報はこちらから