マルク・ソワイヤール(ドメーヌ ド・ラ・クラ)

マルク・ソワイヤール(ドメーヌ ド・ラ・クラ)

ブルゴーニュの名立たるドメーヌの中でも圧倒的な存在感を放つ「ドメーヌ ビゾ」で、当主の右腕として6年にわたって栽培・醸造に携わったマルク・ソワイヤール。ブルゴーニュの次世代を代表する生産者としてニューヨークタイムズ(2016年6月)に紹介されるなど、注目を集めている生産者です。

マルク・ソワイヤールのワインは人気が高く、生産数量も限られていることから、通常販売は行っておりませんが、今回は数量限定で入荷いたしました。在庫数が限られておりますので、売り切れの際にはご容赦いただきますようお願いいたします。

マルク・ソワイヤール

マルクはボーヌの醸造学校で学び、アヴィニヨンで高等技術者資格を取得後、各地のワイナリーで研修し、栽培醸造学の学位を修得した2007年に、ヴォーヌ・ロマネの「ドメーヌ ビゾ」でジャン-イヴ・ビゾとのワイン造りを開始する。そして、6年間ビゾ氏の片腕としてドメーヌの価値を高めた。この間、マルクは少しずつ彼自身の葡萄畑を購入し拡大していった。

ドメーヌ ド・ラ・クラ
かつて、コート・ドール以上の見事なワイン産地として評価を得ていたコトー・ド・ディジョン。ディジョン市の西に広がる葡萄畑は、ディジョン市の工業化と共に労働者達の日々の喉を潤すワインに変わり、やがて忘れ去られたこの地のワイン造りをディジョン市は復活させようと、銘醸と謳われたドメーヌ ド・ラ・クラを購入した。そして2014年、美食の街ディジョンに相応しいワイン造りを行う造り手を広く公募し、数多くの応募者から選ばれたのがマルク・ソワイヤールだった。

ワイン造り
マルク・ソワイヤールは、ドメーヌ ビゾで行ってきたこと、栽培・醸造に於いて出来る限り人的な介在を行わない事や、醸造法も自然なスタイルを重要とするビゾで学んできた哲学を、自らが主導するドメーヌ ド・ラ・クラで実践している。同時に、彼が自ら所有する葡萄畑1.18haから、見事なワインを生み出している。

商品の詳細情報はこちらから