生産者・ワイナリー紹介

ソアリェイロ

Soalheiro

ポルトガルの誰もが認めるアルヴァリーニョのトップ生産者

ソアリェイロは、アルヴァリーニョのトップ生産者のひとりとしての国内外から認められている。
ポルトガル最北端のメルガソは、山々に囲まれ、降雨量・気温・日照量など、アルヴァリーニョ種が生育するのにベストと言える条件を備えている。この特殊なマイクロクライメイト(微小気候)を利用し、1974年にジョアン・アントニオ・セルデイラ氏が最初にアルヴァリーニョ種を植え、1982年に初めて「ソアリェイロ」ブランドをリリースした。「ソアリェイロ」という名前は畑の中でも最も日当たりの良い場所の名前から由来している。
大部分の畑の葡萄は有機農法で栽培されており、動植物の生物多様性を促進している。また、醸造設備についても、品質向上のため、何年にもわたって近代化が行われてきた。これらは全て、常に最高品質のアルヴァリーニョ種を生み出すためのものである。

評価

★「ヴィーニョ・ヴェルデ地域の最も偉大な生産者の一人、アルヴァリーニョのスペシャリストである」
 (ロバート・パーカー サイト)
★ワイン・オブ・ポルトガル 2013:ベスト・ワイン・オブ・ザ・イヤー
★アルヴァリーニョ インターナショナル ワイン チャレンジ:金賞(当社取り扱い3商品全て)
★Essencialdo Vinho:ベスト・ワイン&ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー ポルトガル
★Revista de Vinhos:プロデューサー・オブ・ザ・イヤー ポルトガル