生産者・ワイナリー紹介

ルイ・レグインガ

Rui Reguinga

良き栽培環境があればどんな葡萄品種でも素晴らしいワインを生み出すことが出来る。

ポルトガルを代表するワインメーカ―であり、2000年からは自社のワイナリーを有する生産者でもあるルイ・レグインガ。現在はポルトガル本土だけではなく、マデイラ島や海外ではオーストリア、ブラジル、アルゼンチン、スリランカのワイナリーでコンサルタントを行っている。ルイ・レグインガはポルトガルで著名なワイン専門誌「ヴィニョス・マガジン」で2009年のワインメーカー・オフ・ジ・イヤーに選ばれ、一方国際的なワインコンペ、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(ロンドン)やデカンタ・ワイン・アワード等、数多くのワインコンペで審査員を歴任している。1966年生まれのルイはリスボンの農学校を卒業後、ポルトの大学でワインメーカーの資格を取り、ボルドー大学でもワイン鑑定の資格を習得。1990年、シャンパーニュでの経験の後、ジョアン・ポルトガル・ラモス氏とワインコンサルタント会社を設立させ、そこで10年間ワインメーカーとして活躍後、独立し今日に至る。ルイはキンタ・ドス・ロケスで同社のワインの品質を更に向上させたワインメーカーとしても著名。彼が自らのワイナリーを立ち上げたアレンテージョ東北端のポルタレグアは標高600mの地。アレンテージョでも最も注目を浴びる地域と辣腕ワインメーカーとのコラボはアレンテージョワインの新たな時代の幕開けを告げるようだ。

■2009年 ワインメーカー オブ ザ イヤー (Vinhos Magazine)