生産者・ワイナリー紹介

キンタ・ド・アメアル

Quinta do Ameal

メーカーサイト: https://www.esporao.com/en/

ヴィーニョ・ヴェルデを代表するブドウ品種 ロウレイロのトップ生産者

現在のヴィーニョ・ヴェルデをトップ生産者を挙げれば、アルヴァリーニョ種代表のソアリェイロと並び称されるロウレイロ生産者がキンタ・ド・アメアル。1710年から続く歴史あるワイナリー。1990年にはアラウジョ ファミリーにより既にトップレベルのロウレイロ生産者として広く内外に認められたアメアルは2019年にエスポランの傘下に入り、ワインメーカーのジョゼ・ルイス・モレイラ・ダ・シルバの元、更なる進化を続けている。

リマ渓谷の自然の中で

ポルトガル有数の景勝地ポンテ・ド・リマで有名なリマ渓谷は優れたヴィーニョ・ヴェルデワインの生産地としても知られる。キンタ・ド・アメアルはリマ川の河口から遡ること20Kmの渓谷に沿った豊かな自然環境のなかにある。キンタは全体で30haの所有地の内、14haはブドウ畑で残りの16haは樹齢200年を木々が自然環境を守っている。

高品質な白ワインとして現代のヴィーニョ・ヴェルデを代表するブドウ品種ロウレイロ。リマ渓谷はロウレイロ種の故郷として知られる。ポルトガルワインは多品種のブドウを使ってブレンドあるいは混植・混醸するのが一般的。近年、ワインの個性を端的に表現するため単一品種によるワイン造りを行うポルトガルワインの造り手達の中にあって、ヴィーニョ・ヴェルデの主要品種ロウレイロの味わいを高い次元で表現する生産者の代表がキンタ・ド・アメアルだ。

トップランクの評価を受け続ける生産者

月並みな表現だが、ヴィーニョ・ヴェルデの生産者の中でワイン専門誌からこれほどの評価を受け続ける生産者は稀な存在。キンタ・ド・アメアルのスタンダード ロウレイロ2017年 ロバート・パーカー91ポイント、2019年ワイン&スピリッツ誌93ポイント、同じく2019年はワインエンスージアスト90ポイント等、全てのヴィンテージで90ポイント以上の高得点を得ている。