生産者・ワイナリー紹介

フィリッパ・パト

Filipa Pato

フィリッパ・パト

フィリッパ・パトは、ポルトガルを代表するワイン産地ダン、バイラーダを包含するベイラス・リージョンの新進気鋭の女性若手ワインメーカー。
1998年に大学を卒業後、フランスのシャトー カントナック・ブラウンで1年、アルゼンチンのフィンカ・フリッチマンで1年、オーストラリアのルーウィンエステートで1年とワイン造りを学び、2002年にバイラーダに戻り自らのワイン造りをスタートさせた。

また、彼女はバイラーダの鬼才ルイス・パトの愛娘で、父親のワイン造りに学びつつも、自らのワインにかける情熱と信念をもって独自のワインを生み出している。ドウロの天才醸造家ディルク・ニーポートも彼女の将来を嘱望している。

彼女はベルギーのトップソムリエ ウィリアム・ウォータースと結婚。ウィリアムの助力を得てワインの質はさらに向上した。

■葡萄栽培
ベイラス地方(ダン~バイラーダ地域)
契約農家から購入及び賃借畑にて栽培。契約農家には通常以上の価格を支払うことで低収量、キャノピーマネージメントを実践できる環境を作り、質の高い葡萄を入手している。また自社畑を中心にビオディナミを導入し、テロワールの表現を重視している。
栽培品種は
白ワイン用:アリント、ビカル、セルシアル、マリアゴメス
赤ワイン用:バガ

■醸造環境
2005年まで父ルイスの醸造設備を使用、同年から自らの醸造施設建設に着手、伝統的設備と最新設備を融合させ、ワインに最適な環境で醸造を始めた。特に古いラガール(搾汁機)を改造した発酵槽、空圧式パンチングダウンを設計するなど彼女独自のアイデアが随所に生かされている。
近年、バイラーダ地方の特徴的な粘土で作られた素焼きの壺(アンフォラ)を使ったワイン造りも行っている。