pont

ピコ島協同組合 Cooperativa Vitivinicola da Ilha do Pico

ポルトガル領アソーレス諸島で2番目に大きい島、ピコ島では火山岩質の溶岩台地から今もワインが造られている。夏の日差しの強さと溶岩台地の水はけの良さから糖度の高い葡萄が生まれ、火山岩に含まれるミネラル分の豊富なワインが生まれる。溶岩石を使った「クライス」と呼ばれる石垣の葡萄園は「ピコ島の葡萄園文化の景観」として世界遺産に登録されている。
ピコ島協同組合
葡萄は伝統的に足踏み破砕され木樽で発酵される。酒精強化され、アメリカンオーク樽で3年間熟成。味わいはセミドライ。少し冷やして食前酒として楽しめる。
¥3,780
> ログインはこちらから